女川町復幸祭2017参戦ツアーのご案内

 

ツアーの申し込みは、こちらから 

 

締切は、3月13日(月)です!!

 

 

 

毎年恒例 3月の女川復幸祭 応援ツアー!! 

 

16387384_1329770920402486_4156955153187322420_n

 ~東日本大震災からの復興の力強さを体感せよ

 

3月18日発

 

『女川町復幸祭2017』参戦ツアーのお知らせ

 

 

 

 

 

震災復興のトップランナーである女川町。

ハマテラスもオープンし、復興から地方創生への力強い息吹を感じられるこの地。

また今年もやってきましたこの季節。

ぜひみなさまでお祭りを盛り上げ、心一つに復興への後押しをしましょう!

 

 

 

 

~本ツアーの設定について~

 

 

本ツアーは、内容・目的(行程)の違いによる2コースの設定となります。 

 

どちらかのコースを事前にご選択いただき、お申込みください。

 

なお、両コースとも仙台駅発着のらくらく往復貸切バスで運行です。

 

 

 

1.ツアー参加者でお祭りに出店!!! 「お祭り参加コース」

 

おススメポイント: おながわさんま収獲祭に続き、今回もにツアー参加者で力を合わせて出店!

          バッファローチキンウィングと女川ポップペールを提供します。

 

 

 

2.お祭りを純粋に楽しむ!!! 「観光満喫コース

 

おススメポイント: 2日目のお祭りには自由行動、自由散策。

          お祭りを気ままに楽しんでいただき、ご自身のタイミングで仙台駅へお戻り頂けます。

 

 

 

上記いずれかからお選びください。詳しい行程は、以下をご確認ください。

 

 

    

 

 

 

両コース共通、かつ今年のツアーのこれまでとの違いはここだっ!

 

 

① とっておきの女川グルメを堪能できます!

  名物女川丼のおかせいさんもハマテラスに出店。ランチでお召しあがりOK。

  また、TVでも話題沸騰、穴子丼で有名なニューこのりさんで、

  なんと飲み放題の夕食懇親会実施!

 

② 女川を楽しめる体験メニューが充実!

   3月の名物「津波伝承復幸男」も開催され、参加も応援も可。

   ほか、観光協会の語り部、高政さんの笹かま焼き、ゆぽっぽ入浴など充実!

   毎回ツアーで好評の体験はお祭り当日に楽しめます。

    詳細ページ http://onagawa-fes.info/experience

 

③ 復幸祭当日のステージも魅力的!

   水曜どうでしょうディレクターのトークショーなど、今回も見どころ満載。

    詳細ページ http://onagawa-fes.info/stage

 

 

 

おみせ出展

今回もツアー参加者で出店!

チキンとポップペールを予定

このりさん

夜は話題沸騰のニューこのりさんで、

お楽しみ夕食懇親会

(写真はイメージです。当日はお刺身やてんぷら等を予定)

駅前商店街シーパルピアに加え、

先冬開業のハマテラスも堪能できます

ふっこうおとこ

3月の目玉は、津波伝承復幸男

今年もみんなで走りましょうね!

華夕美

宿泊は両コース華夕美さん

自慢の温泉と朝食をお楽しみに!

高政

女川名物 高政さんでお買い物

工場見学も笹かま焼きもできますよ

 

 

 

 

 

 

~ツアーのおおまかな行程~

 

 

【1日目】 3月18日(土)

 

  10:30      仙台駅集合、貸切バスにて出発

 

  12:00     女川着、地域医療センター慰霊碑参拝

 

  12:30~16:30    駅前にて解散(自由行動)

 

        ☆ ランチは自由にシーパルピアやハマテラスで 

 

        ☆ 14:00~女川町観光協会による語り部ガイド(無料参加できます)

 

             ☆ 15:00~津波伝承「女川復幸男」に参加&応援

 

  16:45~17:30  高政「万石の里」にてお買い物、工場見学

 

  18:00~20:00  ニューこのりにて夕食懇親会(飲み放題付)

 

  20:30/22:00    バスにて宿泊先へ

 

     ※津波伝承復幸男へのご参加希望は、旅行出発後に確認させていただきます。

 

 

 

【2日目】 3月19日(日)

 

 

  ~ お祭り参加コースの方 ~

    8:00 華夕美 出発

    8:30~17:00    運営スタッフとして参加(自由時間も設けます)

    17:00~18:30   ゆぽっぽにて入浴

    18:30  女川出発

    20:00  仙台駅解散

 

 

 

 

   ~ 観光満喫コースの方 ~

    9:45 華夕美 出発

    10:00~   女川町復幸祭2017 自由見学

     ⇒ 各自、ゆぽっぽ入浴券とJRチケットを受け取って解散、仙台駅へ

 

 

 ~詳細情報リンク~

 女川町復幸祭2017 公式ページ   http://onagawa-fes.info/

 本ツアー応援facebookページ  https://www.facebook.com/onagawa.tour

 本ツアーの詳細チラシ   【案内】女川町復幸祭2017 ←ここからPDFをダウンロードできます

 

 

        企画: 一般社団法人 まちづくり TEAM KANAGAWA

協力: 女川町復幸祭2017実行委員会 

一般社団法人女川町観光協会

復幸まちづくり女川合同会社

 

ツアーの申し込みは、こちらからです。

締切は、3月13日(月)です!!

はなまき体験ツアー~東和町であなたらしい暮らしを探そう~

 

\ 締め切り延長!2月20日(月)まで!/

まるごと!はなまき体験ツアー

 

花巻市東和町

あなたらしい暮らしを探しに行きましょう。

 

POINT!①  参加費  20,000円 (東京発着の新幹線代含む)

POINT!②  移住者が増えている 花巻市 アツい!

POINT!③  市がスモールビジネスを応援!希望の暮らし方を

 

hanamaki_flyer_omotehanamaki_flyer_ura

 

 

 

はなまき体験ツアー 概要

◆ 概要
 日程   : 2月25日(土)~26日(日) ※25日(土)早朝出発の為、花巻市内にて前泊も可能です。

 訪問先  : 花巻市東和町

 主な内容 : ●地元住民・先輩移住者と「味噌作り体験」@築280年の南部曲がり家
         ●先輩移住者がリフォーム中の空き家見学
         ●先輩移住者のカフェでランチ♪
         ●再開直後!マルカンデパート見学

 申込締切 : 2月10日(金)2月20日(月)まで!

 参加費  : おひとり様 1泊2日 20,000円(東京発着の新幹線代、現地宿泊費等 含む)

 主催   : 花巻市
 企画協力 : ㈱岩手県北観光/(一社)SAVE IWATE
 旅行実施 : ㈱岩手県北観光

 

◆ 行程 (予定)
 1日目―2月25日(土)―
     7:16~ 10:00 東京駅発+++(はやて111号)+++盛岡駅着 
                 ※当瓶に間に合わない方は花巻市内前泊でのお申込みも承ります。
     10:15~     地元住民・先輩移住者と「味噌作り体験」@築280年の南部曲がり家
     16:00~     ホテルチェックイン (宿泊:ホテルフォルクローロ花巻東和)
     17:00~19:30 市役所からの移住説明会 及び 先輩移住者との夕食交流会
              (終了後は、参加希望者で地元のスナックへ♪♪)

 2日目―2月26日(日)-
       9:00~11:00 空き家物件見学、東和町内めぐり パワースポットへ
     11:00~13:00 先輩移住者のカフェにてランチ・交流会
     13:30~15:30 マルカンデパート見学・花巻市内市街地めぐり
     16:19~17:56 新花巻駅発+++(はやぶさ106号)+++東京駅着

 

◆お申込み
下記事項をファックスまたはメールにてお申込みをお願いします。
ファックス 019-641-8844 / メール k-miyagi@iwate-kenpokubus.co.jp

⑴お名前(ふりがな)
⑵ご住所
⑶お電話番号
⑷ご年齢
⑸メールアドレス
⑹ご参加動機
⑺その他、ご要望・期待すること等

※ファックスをご希望の方はこちらのフォーマットをダウンロードください。

スライド2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ お問い合わせ
 (株)岩手県北観光 (担当:宮城) 
  TEL / FAX   :  019-641-8811 /  019-641-8844
 MAIL      : k-miyagi@iwate-kenpokubus.co.jp 

 

◆ わたしたちがお待ちしております!

1kamitani 

 神谷 瑞樹(かみたに みずき)

 地域おこし協力隊

 ● 花巻在住歴:1年6か月

 ● 出身地 : 愛知県名古屋市

 

 

 

2matsuzaka

 

 松坂 廣剛(まつざか ひろたけ)

 地域おこし協力隊

 ● 花巻在住歴 : 1年6か月

 ● 出身地 : 千葉県千葉市

 

 

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております!(*^_^*)

 

期間限定!個人向け岩泉ボランティア宿泊プラン

今回は個人の方が盛岡から岩泉でのボランティア活動して浄土ヶ浜に宿泊する行程のご案内になります。

10/31までは盛岡駅⇔岩泉間のJRバスと三陸鉄道はボランティア方ですと運賃が無料になり大変お得にご利用出来ます!

是非ご参考にしてみてください。

 

1日目 盛岡駅東口--(JR路線バス)--岩泉病院前バス停・・・・・(徒歩約6分)・・・・・岩泉町ボランティアセンターにて受付後ボランティア活動・・・・(徒歩1分)・・・・・※森の越バス停--(町民バス)--岩泉小本駅--(三陸鉄道)--宮古駅--(ホテル送迎車)--浄土ヶ浜パークホテル

 

2日目 浄土ヶ浜パークホテル--(ホテル送迎車)--宮古駅--(三陸鉄道)--岩泉小本駅--(町民バス)--森の越バス停・・・・・(徒歩1分)・・・・・岩泉ボランティアセンター・・・(徒歩約8分)・ホテル龍泉洞愛山にて入浴・・・・・(徒歩約3分)・・・・岩泉病院前バス停--(JR路線バス)--盛岡駅東口

 

※町民バスは平日と休日の時間帯が異なるのでご注意下さい。

~ 行程案 ~

キャプチャ 

 

10月平日限定!宮古から無料ボランティアバス運行!!

~情報提供:宮古市災害ボランティアセンターより~

 

14446106_946191898824152_7982585474031614140_n

【急募:岩泉小本行ボラバス(お申込編)】

 

台風10号に伴う災害ボランティアバス参加募集のご案内・申し込み

宮古市社会福祉協議会では台風10号による被害の規模が大きい岩泉小本地区のボランティアの協力が必要であることから、災害ボランティアバスを運行します。宮古から岩泉へ、たくさんの支援を届けよう!

 

活動期間 平成28年10月3日(月)~10月31日(月) 
     ※平日限定(土日祝日を除く20日間)

活動場所 岩泉町災害ボランティアセンター(小本サテライト)

参加定員 40名/各日(地域福祉バス運休日は、14名)
参加費用 無料

お申込は、参加申込書の場合は、持参又はFAX。
WEBからの場合は、下記申込フォームからお申し込みください。

≪第1週:10月3日~10月7日お申し込み分≫
https://goo.gl/YJ5xiA

≪第2週:10月11日~10月14日お申し込み分≫
https://goo.gl/Fwzjlk

お申し込み/お問い合わせ
主催:宮古市社会福祉協議会(担当:総務課 赤沼、葛)
〒027-0038 
宮古市小山田二丁目9番20号(宮古市総合福祉センター内)
TEL:64-5050 / FAX:64-5055
E-mai:info@miyako-shakyo.or.jp

詳しくは、ご案内チラシ又は特設WEBサイトをご覧ください。
特設WEBサイト:http://www.miyako-shakyo.or.jp/volbus.html

台風10号災害・ボランティア情報

活動イメージ3

はじめに…

8月30日の台風10号により被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に一日も早い復興を心から願います。又、弊社でも地元企業として最大限の力で各市町村の一助になれるよう勤めてまいります。

今回岩手県沿岸北部(宮古市・久慈市・岩泉町)では東日本大震災と同じ位の甚大なる被害を受けやっとインフラが整いつつあるも高齢化・過疎化の著しい地域とあって復旧に遅れが生じてます。全国各地での災害が起こるか現状を伝え是非ボランティア等のお力をいただきたいと思います。

 

下記は岩泉町でもボランティアが少なく大変困っているサテライトを紹介します。

~ 岩泉小本ボランティアサテライトまでのアクセス ~

 

☆バス利用☆

・東京都浜松町バスターミナル — (夜行バス・ビームワン )— 宮古駅— (三陸鉄道) — 

 岩泉小本駅・・・・・・岩泉小本サテライト

 

☆新幹線利用☆

・東京駅— (新幹線) — 盛岡駅 — (106急行バス) — 宮古駅 —(三陸鉄道)—岩泉小本駅・・・・ 岩泉小本サテライト

 

この他、盛岡駅発着のボランティアツアーはこちらから。

~ ボランティア宿泊・スペシャルプラン ~

                                                            2016・9・24

県北グループでは大変お得なボランティア活動した方・期間限定のプランを企画致しました!

 

あの!高級ホテル「浄土ヶ浜パークホテル」一泊二食が、な!なんとっ!!

 

                  7.000円税込み!!! 

    (夕・朝食は一般宿泊者と同じブッフェ♪)

 

 

※ ちょっとだけ条件があります。

・ボランティア活動の方限定 ・男女別の相部屋

・除外日:10/5~10日、26日、30日

その他、長靴は履き替えて入館、お食事会場では作業着ではNG等。詳細は下記にお問い合わせ下さい。

 

 

 ☆お申し込み・お問い合わせ  

          岩手県北観光小本支所 0194-28-2711  (7:00~18:00)

 

注)上記スペシャルプランの受付は浄土ヶ浜パークホテルではなく↑岩手県北観光小本支所になります。

玄関 大浴場 BF1
 

岩手で「暮らす・働く・生きる」移住体験ツアーのご案内

 

岩手で「暮らす・働く・生きる」移住体験ツアー

tirasi_omotetirasi_ura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年度実施の【岩手で「暮らす・働く・生きる」移住体験ツアーVOL.2】

 

 

昨年度もご好評をいただいた事業を 《岩手で「暮らす・働く・生きる」移住体験ツアーVOL.2》 として、

今年度も(一社)SAVE IWATE、岩手移住計画、(株)パソナ東北創生とともに実施いたします。

 

◆ 今後のスケジュール ◆

 

ツアーのご案内

【 第一弾ツアー: 三陸で海と山の仕事を感じる旅 】 ※終了いたしました!

日程    : 9月17日(土)~19日(月・祝) 

申込締切 : 8月28日(日)

訪問先   : 住田町、釜石市、大槌町

【 第二弾ツアー: 地域に根ざした中小規模事業者をめぐる旅 】※終了いたしました!

日程    : 11月4日(金)~6日(日)

申込締切 : 10月25日(火) 

訪問先   : 九戸村、葛巻町、岩手町

 

【 第三弾ツアー: フリーランスや起業家の働き方に触れる旅 】 ※募集終了しました。

日程    : 12月16日(金)~18日(日)

申込締切 : 11月27日(日)

訪問先   : 雫石町、花巻市、盛岡市

申込み  : こちらの専用フォームより

内容    :  ①どぶろく特区の雫石町で「どぶろく作り体験」

        ②ペンションが充実する雫石町で先輩移住者と交流

        ③花巻志で冬の「野菜収穫体験!」

        ④農家と旅館の連携する事業を知る・交流会

        ⑤「チャレンジする大人の集まるまち・花巻」を提言する起業家と交流

        ⑥盛岡市で遊休不動産や空き家をまわる!不動産屋とディスカッション

 

 

【 第四弾ツアー: 多様な仕事 多様な職場 岩手のサラリーマンライフを知る旅 】 募集中!!

日程    : 1月20日(金)〜22日(日) ※変更となりました!

申込締切 : 1月17日(火) ※再度変更となりました!

訪問先   : 盛岡市、一関市、北上市 ほか

申込み  : こちらの専用フォームより

内容    :  ①盛岡市にて就業セミナー

        ②盛岡市にて先輩移住者

        ③北上市にて先輩移住者とマチナカめぐり!

        ④一関市にて民泊&郷土料理作り体験

        ⑤一関市にて先輩移住者と交流&マチナカめぐり

        ⑥一関市 【猊鼻渓】にて舟下り  … 絶景!!

 

IMG_7622IMG_7623

 

 

■詳細について

Facebookページをご覧ください⇒コチラ

 

■ツアーのお申し込み

専用フォームに記入のうえお申込みをお願いします(必須)⇒コチラ

※全ツアー共通の専用フォームとなっております

 

■各回共通のツアー概要

① 参加費   : おひとり20,000円(東京出発の新幹線交通費込)

② 参加要件 : 岩手への移住定住を前向きに検討したい方

 

主催:いわて定住・交流促進連絡協議会

企画協力: (一社)SAVEIWATE /岩手移住計画 /(株)パソナ東北創生 /岩手県北バスグループ

===============

■お問い合わせ

(株)岩手県北観光 (担当:宮城)

TEL 019-641-8811 FAX 019-641-8844

Mail k-miyagi@iwate-kenpokubus.co.jp

===============

毎日出発お得なバスの旅  ホテル玄関まで直行の急行バスで行く 『浄土ヶ浜パークホテル』 三陸海の幸を味わう厳選ビュッフェプラン

ボタン

 

 

お申し込みは予約フォームからお願いします。

 

 

 

盛岡駅からホテルまでの直行便バス! 乗換なしで悠々とホテルへ!

玄関外観昼_1101 部屋

三百余年前、「浄土ヶ浜」を訪れた宮古山浄安寺七世の霊鏡和尚が、「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆し名付けられたこの地。

浄土ヶ浜パークホテルは、その浄土ヶ浜を臨む高台にあり、夏燦々と輝く浄土ヶ浜、宮古湾、太平洋を一望でき、本州最東端の街に昇る朝日を、ロビー、露天風呂などからお楽しみ頂けます。

そして、宮古、三陸海の幸、山の恵みをふんだんにつかったお料理をご堪能ください。

 

浄土ヶ浜パークホテル 夕食ビュッフェ
BF6 BF4 BF5 BF3 BF2

 

  • 設定日

     2016年12月1日(希)~4月14日(金)までの毎日

     ※設定除外日 12月30日~1月3日、2/19~24(館内メンテナンス)

 

  • 最少催行人員

     2名

 

  • 旅行代金

    

  3名以上1室利用 2名1室利用
お一人様代金 11,000円 12,000円

※夕朝食ともにビュッフェ
※お部屋の眺望、タイプはお任せとなります。 

※休前日はお一人様2,160円となります。
※海側のお部屋確約指定の場合は2,160円UP(通常3,240円~4,320円UP)となります。

オプションプラン
毛ガニ(カニみそ付)イメージ

Aプラン

「地元三陸産毛ガニ食べ放題プラン」(90分)

1/21~4/14 の間ご提供できます。

〔注意〕お部屋食プラン選択の場合は、当プランはご利用頂けません。

【大人】2,700円

【小人】1,350円

アワビ陶板イメージ

Bプラン

「地元三陸産あわびの踊り焼きプラン」

12/1~4/14 の間ご提供できます。

【大人・小人共】

2,700円

 

浄土ヶ浜パークホテル 部屋食イメージ

 

 

※【お部屋食プラン!】

お一人様3,240円加算で、夕食を部屋食に変更することが可能です。
 

 

 

 

 

 

  • コース

   ※お好きな時間をチョイスしてください。【ホテルへ直通】
   1.①盛岡駅東口13:45発—-(106急行バス)—-宮古駅16:00着—-<ホテル直通>—ホテル16:15頃着
     ②盛岡駅東口15:15発—-(106急行バス)—-宮古駅17:30着—-<ホテル直通>—ホテル17:45頃着

   2.【ホテルから直通】ホテル9:50発—–<ホテルより直通 106急行バス>—–盛岡駅東口12:20
    ※宮古で観光、ショッピングしてお帰りの場合には、下記の時間の便をご利用ください。
     (その他の便はお問い合わせください)
    宮古駅9:05発、10:05発、11:05発、12:05発—-(106急行バス)—-

                               —-盛岡駅東口11:20着、12:20着、13:20着、14:20着

 

  • プランの特徴

   ※当プランは発生手配となります。予約状況によりご希望に添えない場合が

    ございますので、あらかじめご了承願います。
   ※大人2名様以上に同行される場合には小人料金の設定がございます。
    小人料金についてはご相談ください。(フリーダイヤル 0120-183-705)
   ※ホテル直行便以外の106急行バスご利用の方は、お問い合わせください。

 

  • 申込締切日

    各出発日の7日前まで

【プランの特典】

浄土ヶ浜遊覧船割引券付(通常料金1,400円を1,000円で乗船出来るご優待券進呈)

2011.8.13 陸中丸2_遊覧船
JPH空撮全景 IMG_0431 浄土ヶ浜パークホテルロビー 露天風呂

 

お申し込みは予約フォームからお願いします。

 

  • お問合せは ㈱岩手県北観光まで

     フリーダイヤル 0120-183-705

     平日9:30~18:30 土曜9:30~13:30 日・祝日 定休 

県北観光 宮城県女川町復興応援ツアー企画 第7弾!!

 

ツアーの申し込みは、こちらから 

ツアー催行確定につき、お申込締切を3月21日(月)に延長しました! 

お早めのお申込よろしくお願い申し上げます!

 

 

県北観光 宮城県女川町復興応援ツアー企画 第7弾!! 

 

 

 

 震災から5年、いまこそその目で復興を見つめてほしい~

 

3月25日発『女川町復幸祭2016』応援ツアーのお知らせ

 

 

震災から節目の5年。 「もう5年」 「まだ5年」 …皆様にとってこの5年間はどんな日々でしたか。

街は、そして人々の心は、この復興の5年間をどう過ごしてきたのでしょう…

決して忘れてはいけない、心に刻むべき復興への思いが詰まった本ツアーに1人でも多くのご参加を。

 

 

昨年3月の盛大なまちびらきから早1年。

復興のトップランナーである女川は、駅前商店街が形成され、より力強く前進しています。

前回のツアーでも外部の心ある支援者の皆様が大いに女川の復興を盛り上げてくれたことで、

女川の人々に喜びあるにぎわいと未来への希望を届けることができました。

この3月もぜひみなさまでお祭りを盛り上げ、心一つに復興への後押しをしましょう!

 

 

 

~本ツアーの設定について~

 

 

本ツアーは、宿泊施設の違いによる2コースの設定となります。 

 

どちらかのコースを事前にご選択いただき、お申込みください。

 

なお、両コースとも東京・横浜発着の、らくらく往復貸切バスで運行です。

 

 

 

.「女川温泉華夕美」宿泊コース 

おススメポイント: 夜は女川の街に繰り出し、自由に飲んだり食べたりできる時間を設けます

             (実行委員の打ち上げなど、地元の方との懇親ができるかも)

            万石浦を眺める広々とした温泉にゆったりつかることができます

            お部屋は相部屋となり、仲間とともにわいわいと楽しむことができます

            ※本コースは、男女別相部屋・夕食自己負担となります

 

2.「女川町宿泊村Elfaro」宿泊コース

おススメポイント: 復興計画に対応できるための可動式のトレーラーハウスの宿泊を体験できます

             (設備は一般のビジネスホテル同様に充実しております)

            1~3名様の個室で、静かにゆっくりと疲れを癒すことができます

            ※本コースは、夕食も旅行代金に含まれております。

 

 

上記いずれかからお選びください。詳しい行程は、以下をご確認ください。

 

 

 

 

 

 

★女川町復幸祭について★ 

 

 

    

 

現地の要望にあわせ、今年は以下の点で本復幸祭を応援していただくこととしたいと思います。

 

① 自由時間を多く設け、飲んだり食べたりふれ合ったりと、存分に祭りを楽しむ!!

  …ステージショーも充実。参加者としてお祭りを活気付けていただきます。

 

② 復幸祭終了後、撤去撤収作業にご協力いただき、みんなで祭りを締めくくる!!

 

 

 

これまでは、復幸祭運営のイベントスタッフとして終日お祭りにご参加いただくコースを準備しておりましたが、今回は現地からの要望を踏まえ、5年目というフェーズにあわせ、「観光+お手伝い」という上記の形にシフトさせていただきました。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします!

 

 

 

女川町復幸祭2016 公式ページ   http://onagawa-town.com/fes/

 

 

 

 

 

 

 

~ツアーの主な行程~

 

 

【1日目】 3月25日(金)

 

 22:00        横浜駅西口出発

 23:00        東京駅丸ビル前出発 (三陸道・常磐道経由)

 

【2日目】 3月26日(土)

 

  6:00~7:00      仙台泉「竜泉寺の湯」で入浴休憩

  8:30            女川着

  9:00~10:00    津波伝承「復幸男」参加&見学 (参加申し込みは当日受付)

  10:00~16:30   「女川町復幸祭2016」に参加 

  16:45         エルファロチェックイン

  17:15         華夕美チェックイン

 

   ※18:00      華夕美宿泊コースは夕食のため市街地へ

     21:00            バスにて華夕美に戻ります

 

 

 

【3日目】 3月27日(日)

 

  9:30         宿舎発(エルファロ→華夕美)

  10:00~11:20  万石の里「高政」にてお買い物

      【オプション】 工場見学(無料)&かまぼこ焼き体験できます!(要体験料200円)

  11:30~13:30  駅前商店街シーパルピア女川など駅前周辺で自由行動

      【オプション】 セラミカ工房さんでスペインタイル絵付け体験できます!(要体験料2500円)

  14:00~15:00  語り部持田さんとめぐる女川湾遊覧船クルーズ

  15:30        女川発(三陸道・常磐道経由)

  22:00        東京駅着、解散

  23:00        横浜駅着、解散

 

   ※オプションへのご参加希望は、旅行出発前に確認させていただきます。

 

 

 

  ~ツアーのオススメポイント~ (2コース共通)

毎年ステージも物販も充実の復幸祭

めいっぱい楽しみましょう

津波伝承「復幸男」に参加できます

男女問わず!300mをダッシュ!!

新しいスポット駅前商店街シーパルピアも

最終日に十分堪能できます

ツアーのイチオシ

潮プランニング持田さん語りによるクルーズ

初日夜行バスの疲れは、

竜泉寺の湯でとりましょう

 

オプションで、高政かまぼこ焼きと

セラミカ工房さんスペインタイル絵付けが!

 

 

 

ツアー記念Tシャツのお知らせ

 

 

ツアーにご参加いただいた皆さんにはオリジナルTシャツを配付。

デザインは女川町のデザイナー『 D-BONS 』さん。

 ☆活躍はofficial siteをチェック  http://www.d-bons.com/

おそろいのTシャツを着て、復幸祭を盛り上げましょう!

男性はL、女性はMをご用意予定。

サイズ希望がある方は、事前にお知らせください。

なお、追加購入も承ります。ご希望があれば事前にお知らせくださいませ。

 

 

 

 ~詳細情報リンク~

 女川町復幸祭2016 公式ページ   http://onagawa-town.com/fes/

 本ツアー応援facebookページ     https://www.facebook.com/onagawa.tour

 本ツアーの詳細チラシ             【チラシ】女川町復幸祭2016 ←ここからPDFをダウンロードできます

 

 

        企画: 一般社団法人 まちづくり TEAM KANAGAWA

協力: 女川町復幸祭2016実行委員会 

一般社団法人 女川町観光協会

復幸まちづくり女川合同会社

 

ツアーの申し込みは、こちらからです

 

ツアー催行確定につき、お申込の締切を3月21日(月)に延長しました。 お早めのご検討をよろしくお願い申し上げます!

桜の京都 名所散策と華やかな古都の風物詩 都をどり

このツアーのお申し込みは、こちらから

 

 

花巻空港からフジドリームエアラインズで空路名古屋へ。

貸切バスに乗り換えて2泊3日の旅のスタート!

 

 

 

 

まずは足利義政が開いた山荘の【世界遺産】銀閣寺

東山文化を代表する庭園(特別史跡・特別名勝)が見事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀閣寺を出ると、そこはもう「哲学の道」への出発点。

疎水に沿って歩いていくと、紅葉の名所で有名な永観堂や南禅寺までたどり着きます。

この哲学の道は、春は桜・秋は紅葉の名所として散歩する人を和ませてくれます。

ちなみに「哲学の道」の名前の由来は、京都の哲学者、西田幾多郎がこの道を思索にふけりながら散歩していたことから「思索の小径」と言われ、その後、西田幾多郎の愛弟子田辺元や三木清らも好んでこの道を散策したことからいつしか「哲学の道」と呼ばれるようになったと言われています。

 

 

白砂に朱塗りの社殿が映えて、雅やかな雰囲気が漂う「平安神宮」参拝。

本殿の奥の約3万平方mにおよぶ日本庭園「神苑」も桜の名所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都名物の湯葉料理の夕食後は、二条城へ。

この時期の二条城は、ライトアップして

夜の特別拝観を実施中です。

 

(画像提供:京都市元離宮二条城事務所)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画像提供:京都いいとこマップ)

 

 

先ずは、渡月橋がシンボルの嵐山で2時間のフリータイム。

近くには世界遺産の天龍寺や竹林、お土産屋などもたくさん建ち並びます。

 

 

 

 

 

 

嵐山~四条大宮までは京福電鉄(通称“嵐電”)で移動。

途中、桜のトンネルを車窓から楽しむ事が出来るかも・・・

電車を降りたら湯豆腐の昼食です!

 

 

(画像提供:京都いいとこマップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食後は江戸時代から桜の名所として知られる平野神社へ。

50種400本を超える名木・珍種の桜が次々に開花し、「衣笠桜」などここににしかない珍しい桜も見られ、京都市民の花見の名所として賑わっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川の流れと 祇園の街並みが素晴らしい祇園白川畔を散策。

 

 

祇園甲部歌舞練場で4月1日から30日まで約一ヶ月に渡り公演がある「都をどり」

100年以上続く、京都の春の風物詩を壱等席で観覧します。

その後、ホテルへ。この日の夕食は各自ご自由にお楽しみ下さい。

ガイドブックで調べてきた京料理?街を歩いてふと導かれた店?各自でご自由にお楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都旅行の定番中の定番!清水寺へ。

「清水の舞台」から京都市内を一望した後は、清水坂などで京都土産ショッピングもお楽しみ下さい。

 

 

 

京都 桜の名所めぐりのラストは、琵琶湖疎水から蹴上インクラインまで傾斜鉄道跡地に沿って散策します。

蹴上インクラインは、かつて落差の有る水路間をつなぐ鉄道として作られました。廃線となった今も線路の両脇に咲く桜の並木が見る人の目を和ませます。

 

 

おばんざいバイキングのランチ後、名古屋空港へ。

 

(注)桜の開花状況は、その年の気象条件等により変わりますのでご了承願います。

【参考】 京都の平均開花日3/28  昨年開花日3/27 (日本気象協会HP参照)

 

このツアーのお申し込みは、こちらから