株式会社岩手県北観光の社員がお送りする、地元ネタコッテコテ情報を皆さんにおつたえしまーす!

ふうせつ花

盛岡は知る人ぞ知る「豆腐の消費量日本一」の街です。

なぜそうなったのかは諸説あります。

「江戸時代、京都から盛岡に来た職人達の中に有能な豆腐職人がいた」

「豆腐作りに必要な良質な地下水が多い」

「海の無い盛岡は大豆が重要なタンパク源だった」

「盛岡にスーパーができ始めた頃、安売りの目玉に豆腐が良く売られた」などなど・・・

 

でも、京都に美味しい豆腐料理を食べに観光で行く人は良く聞きますが、盛岡にわざわざ豆腐を食べに来る観光のお客様は今のところあまり多くありません。

 

しかし、ここの豆腐はわざわざ食べに行きたくなります。

八幡平市の「ふうせつ花」。

こちらの豆腐は盛岡のスーパーやデパートでも買うことが出来ます。

でも、この店に行くと何種類もある濃厚な味の「おぼろ豆腐」を試食して好みの味を選ぶことが出来ます。

もちろん汲み上げ湯葉や厚揚げなど、豆腐料理には欠かせない商品もずらり。

さらには、「ざるおぼろソフトクリーム」「ざるおぼろシェイク」「豆乳ワッフル」「豆乳どーなつ」などスイーツも充実。

ソフトクリームは甘さの中にも豆腐の味を感じることが出来ます。

こじんまりとした建物ですが、美味しさがいっぱい詰まったお店です!

いわてまち焼きうどん

岩手のB級グルメ 「いわてまち焼きうどん」です。店毎に味付けは様々ですが、写真は「道の駅石神の丘」の塩焼きバージョン。
塩味が程よく、思わずビールも飲みたくなってきます。
今年のB-1GPに初出場。同じく岩手代表の「久慈まめぶ汁」「北上コロッケ」とともにグランプリを目指します。
岩手の麺と言えば「わんこそば」「盛岡冷麺」「じゃじゃめん」があまりにも有名ですが、少し北に足を伸ばして「いわてまち焼きうどん」もぜひ食べてみて下さい。