東北地方に大きな爪痕を残した東日本大震災。株式会社岩手県北観光では、復興を支援するボランティアをバスツアーにした「ケッパレ東北! ボランティアライナー号」を企画し、岩手県沿岸部のボランティアを希望するお客様と被災地を結ぶ架け橋としてご利用いただくべく奮闘しています。

第78回 GWに行くけっぱれ東北!出かけよう希望の花咲く復興地へ 4/25発

菜の花帽子の添乗員

 

 

   今年も菜の花畑こんなに咲いたど~\(^o^)/

 

 

 

   

   大槌町菜の花プロジェクト! 

 

 皆さんこんにちは^^今年もゴールデンウィークが始まりましたよ~♬
どちらにお出かけですか^^沖縄?海外?なになに家で寝てる!?

ダメダメせっかくのお休みなんだからお出かけしましょ~う♪そしてせっかくなら新しいところもいいですが思い出ある場所やに会いに行くのも楽しいですね。そう考えるとどこを思い出しますか…

そんな思い出ある「ふるさと岩手」で皆さんが帰ってくるのを人も花も待ってますよ~!

 

      さぁ!希望の花咲く岩手へ一緒に出掛けましょ~うface02

 

 

 

 

 

  ~ 大槌川河川敷・菜の花畑 ~

けっぱれボランティアではお馴染みのこのプロジェクトは2011年5月から関わってちょうど3年が経ちました…あの時の荒れ果てた町内と河川敷を考えると本当に「ここまで来たなぁ」と感じます。今まで関わっていただいた皆さま、そしてこれからの皆さまもどうぞ大槌を忘れないで下さい。(by金山文造)

 

  あの時を振り返り語ってくれた…

      鎮魂と希望の花として…

     大槌・津波紙芝居

 金山さんの一枚一枚手作りの紙芝居は今まで聞いた紙芝居よりぐっと心に響いただろう…

 

 

 ~ 大槌町・震災ガイド ~

想いが詰まってしまい時折涙をみせる場面も…。どうして悲しい状況を震災ガイドは何回も何回も話さなければならないのか…。

津波を目の当たりにした当時のことは本当は話したくないかもしれません。でも自分達と同じような思いになってもらいたくないからこそ、
強く何度も何度も話してくれているのだろう…私たちは決してその涙を忘れてはいけない。そう心に誓った!

ガイドをしてくれた「川端さん」

  震災での教訓を教えてくれた…

大槌町役場前で黙祷…

一部保存が決まって改修工事が始まる。

頭上を見上げハッとする!?

高さ14.5mの防潮堤が出来たらどうなるのか…

 

 

 

 

 

   ~ 釜石市・唐丹(とうに)地区 ~

 

 皆さんは釜石市唐丹町を知っているだろうか。

この地区も津波の被害にあったものの殆どの方が逃げて助かっている。

そこには海と共に生きる「漁師」の生き様と先人の教えを守った証があった。

地元に戻り地元を伝え、生きて行く若き!?漁師の息子、下村さんの熱い想いと復活した唐丹桜並木と郷土芸能祭りと共にご覧下さい!!

 

 

 

明治・昭和・平成の津波記憶碑…

唐丹の子供達が後世に残す言葉を刻んである。

「津波なんかに絶対負けない。仲間がいるから津波なんかに絶対負けない。」

実際の避難道をみんなで歩いたicon10
意外と急で大変だったface03

自治会長、下村さん(オヤジさん)の話は今までの自分達の固定観念を覆すものだった!

 

 

  ~ 復活!本郷桜並木と唐丹地区郷土芸能祭り ~

face02みんな今年二度目の花見のようでした

桜舞太鼓の鼓動は本当に心に響いた…icon12

プリップリイカを使った海鮮焼きそばはイカが♡

満開の桜並木でハイチーズ(^o^)/

大石虎舞の演舞

漁師飯のおにぎりと海鮮バーベキューをいただきました♪ もうお腹いっぱい過ぎて食べれないよ~face03

荒川熊野権現御神楽の演舞

 

 

 

 

 

✿✿ 陸前高田・吉田花っこ畑(*^_^*) ✿✿

 

 icon01天気も良くてお花達も背伸び精一杯でお水を浴びてました♪

市内はかさ上げ工事でベルトコンベアーやダンプや重機で大賑わいですがそんな陸前高田のオアシスこと「吉田花っこ畑」は今日もあの笑顔のおかあちゃんが待ってくれていました♬
誰かが待ってくれている所に帰るのってなんだかうれしいもんですねface02

 

それにしても色とりどりのお花達がお出迎えしてくれてますよ~

 

        さ~い~た~ ♬ さ~い~た~ ♪

             チューリップ~の は~な~が~ 

 

 ✿✿ 花っこ畑&希望のお庭 ✿✿  

  

 

 ~ ^✿^ 吉田花っこ畑 ^✿^ ~

いつも笑顔で迎えてくれる吉田正子さんface02icon22

津波の破壊力を自分の足と目で感じる…

face01みんなをまとめてくれた頼もしいリーダー!!

左から大竹班長・曽根班長・重森班長・高野班長icon12

その片足挙げた格好がいいね~icon21icon10

剣スコ・ツルハシ・ネコ、全部分かるかな?(笑)

お花の周りの雑草取りface01
日焼けしないように気を付けて~♪

 

 

 

 ~参加者の声~

・みんなで耕し、種を蒔いて、菜の花が咲いている光景にとても感動したのと同時に、大槌が彩り鮮やかに
 なり亡くなられた方々の供養となるお手伝いが出来た事を嬉しく思います。と同時に現地の方々の心の
 復興はまだまだでこれからも寄り添っていきたいと改めて感じました。
 

・今まで時間がないとか初めてだしどうしよう…と言った迷いがあって中々踏み出せませんでしたが今回
 このツアーに参加して、自分が出来ることを出来るときにやっていくのが復興に役立つのだと実感しました。
 

・一人だけの作業や思いは小さくてもこうやって何十人と集まると大きな形に広がる事を知った。
 大槌や唐丹の方々の話を聞いて手作りご飯を食べていたら奇跡の一本松や桜並木や菜の花畑を
 思い出すと一層愛おしい気持ちになりました。また岩手に帰ってきます!

 

本当にあたたかいメッセージありがとうございますface02ここに咲いている一輪一輪の花は今まで復興に携わってきた沢山の方の想いが本当に沢山詰まっているように思います。人も花も今ある現状より今までの過程やこれからの行動が大切なのかもしれませんね。小さいことからコツコツと…誰かさんが言ってましたけど何事も継続は力なりですね(^o^)

 

いつでもまた帰って来てくださいね

     岩手の全部がみんなをまた待ってますよicon12

 

                                     つづく…

 

 

                                                     

                                                ♪ようこそここへクックックック♬

第77回 けっぱれ東北・震災から三年目の春…  ~ 共に支える復興へ ~ 3・20発

 

菜の花帽子の添乗員

 

 

 

おいおいおい~(>_<)何なんだ~、一夜にしてのこの大雪はicon04!?

除雪が追い付かず国道が通行止めになり大渋滞発生face03icon10約3時間缶詰状態になり困難を極めた…しかしスタッフの臨機応変の対応と参加者皆さんのご協力により無事乗り切る事が出来ました!本当にありがとうございました!!

 

改めまして皆さんこんにちは^^
西日本や関東では桜の便りが聞こえてきている中、北の国・岩手は春のなごり雪!?いやっ「ドカ雪」で一面の銀世界に包まれたicon12

さて今回は前回同様、震災から3年目を迎え、共に感じ共に考える節目となるメモリアルツアーになります。
 

あなたは「あれからもう3年…それともまだ3年…」どう思いますか…
それぞれの3年目を
一緒に見つけに行きましょうicon21

 

 

 

✿ 宮古道の駅・「なあど」 ✿ (なあど、とは宮古弁で「いかがですか?」という意味です♫)

大雪で予定の浄土ヶ浜には行けず急遽、道の駅で休憩…、実はここの道の駅も大雪で臨時休業で職員総出で雪かきをしていたicon10(特別利用させてもらいました(>_<)ありがとうございます!)着替えと休息を取った後、参加者みんなで「雪かき」で恩返し致しました!icon04

震災前の宮古市鍬ヶ崎地区のジオラマで現在との比較をしながらお話しいただきました。

恩返しのけっぱれicon04スノーバスターズ!
春の雪だけに重たい…icon10

ほらほら、

もっと腰を入れないと痛くしちゃうよface03

 

✿ 大槌町内視察 ✿

3年前皆さんは「大槌町」を知っていましたか…?殆どの方が場所も名前も知らなかったと思います。

 確かに震災によって知った方が多いかと思いますが、大きな傷跡を見るだけではなく雪に覆われながらも逞しく育っている「菜の花」のようにどこの地区よりも負けない、町民の強さと郷土愛を感じてもらいですicon12

 

知ってますか!?「ひょっこりひょうたん島」のモデルになった蓬莱島です♪

 

旧大槌町役場…町長含め40名もの役場職員が被災した。あなただったらこの建物残しますか、壊しますか…

 

ズッポリ雪に覆われた菜の花畑。

雨にも負けず、雪にも負けず…金山さん元気です!

春には黄色いじゅうたんが広がる花畑を信じてるicon12

当時を物語る「菜の花・紙芝居」

菜の花プロジェクトへの想いや鎮魂と希望の想いを感じた✿

民宿・六大工のご主人は「漁師さん」三陸の旬の味覚、カキやホタテやなめたカレイなど盛り沢山face02

 

 

 ✿ 陸前高田市内・奇跡の一本松 ✿

県内一被害が大きかった陸前高田市…山を削り超巨大ベルトコンベアで土を運び市街地に盛土をする計画の為、街自体が大きな建設現場のようになっている。

 

一見ベイブリッチのように見えるがこれもベルトコンベアの為のつり橋役です。

左手の山をきり削り土を運ぶ…。とんでもない規模の事業だな。これから何年かかるのかぁ…

天を仰ぐ一本松に日射しが眩しく降り注ぐicon12

 

 

 

 

 

  ✿ 陸前高田市・吉田花っこ畑 ✿

icon01昨日の天候が嘘みたいなここ陸前高田市は少しずつ春の足音が聞こえ始めたicon12それにしても風はまだまだ冷た~い(>_<) 寒さを吹っ飛ばして本格的な春に向けて花っこ畑再生プロジェクト出発進行~icon21!!

 

吉田さん>
先ずは3班に分かれて活動しますが黙々とやらないでお花やお隣の方とお話ししながら草取りして下さいね✿

 

face02春の花畑を想像するとワクワクして来ますね✿

初めての方でも吉田さんやメンバーでお花に詳しい方が優しく教えてくれて皆で楽しくお花のお手入れが出来ました♪

多肉植物も元気に育ってました(^o^)

一本松の近くには地元「八木澤商店」のお店が出来ていてお味噌やお醤油、手作りドーナッツなど取り揃えてます(*^_^*)

 

 

 

「何も出来なかった」、「大した事など出来なかった」。こう言った言葉を今までよく聞きました。でもその想いこそ、大切にして欲しいと思います。実際「かなりの仕事をした」と思って帰る人なんてそんなにいないと思います。そんな中「微力は無力じゃない」そんな事を私はお話しします。しかし3年も経ち「微力」を「微力」にとどめず次は「協力」を「強力」にして行かなければならないと思います。縁あって繋がりを持てたキッカケをその時だけじゃなく大きな力に変える節目の3年とも感じましたicon12
今回も皆さんありがとうございました~!!face02また帰って来いよ~!!

 

 

                                              つづく…
 

 

 

第76回 けっぱれ東北・震災から三年目の春…  ~ 共に支える復興へ ~ 3/7発

 

 

菜の花帽子の添乗員

 

 

目が覚めるとicon12眩しい朝日ととっても気持ちいい潮風香る
「浄土ヶ浜」に到着しました…

 皆さんこんにち和^^いかがお過ごしですか?

 
 震災から三年目…様々な想いを胸に今回も全国各地から沢山の方が東北・岩手に来ていただきました。ありがとうございます。私自身も今の仕事についてもうすぐ三年…自分の意識や生活、そして人との出逢いによって人生まで変わってしまった今の状況なんて想像もつきませんでした。
それにしても、綺麗な景色だなぁ…icon12

と言う事でしんみりとではなく今後どのような取り組みが出来るのかを一緒に見つけていきたいですね!(^o^)!

 

 ✿大槌町内視察と安渡(あんど)仮設住宅 

先ずは旧大槌町役場にての黙祷… 

 一般社団法人おらが大槌夢広場の臼沢さんがこんなことを言ってくれました…。

「これから皆さんとどう向き合っていけばいいのか…正直支援という言葉は使ってほしくない。ボランティアではなく人に会いに来て欲しい..。人との交流をもっと楽しんで欲しい。そして近くにいる大切な人を大切にして欲しい。」
人それぞれ色んな考えはあるけれど支援とかボランティアだけじゃなく、もっと自然に想い合いまた大槌に来てもらいたいと優しく語ってくれましたface02

 

 

安渡仮設住宅の黒沢さんは災害時に活かせる事として団体行動やアウトドア活動を普段から親しむ事の重要性を教えてくれました!

今年は沿岸部でもicon04大雪が続き高齢化の仮設住民にとっては困難を極めた。

いや~流石マンパワーあっという間icon21icon10

今日の昼食は地元の方とみんなでクッキング~icon28

おにぎり班・タラ汁作り班・雪かき班に分かれ活動開始~icon14
おぃおぃ作りすぎじゃないの~
face03(笑)

さぁ、お手並み拝見といきますか~♪

ほぅほぅ魚捌くの意外と慣れてますねface02

みんなで昼食タイム!ここ大槌では12時なると「ひょっこりひょうたん島」のテーマ曲が町内放送でお昼をお知らせするよ♫

 

またの再会を楽しみにお母さんとのお別れ…icon11必ず帰ってくると心に決めた☆

 

 

 

 

✿ 大槌町・希望の菜の花プロジェクト(^o^)

大槌町菜の花プロジェクトは大槌町の鎮魂未来に繋ぐ希望の花として一人の町民から始まったプロジェクトです。今日は春の開花に向けての河川敷の整備の活動を行いました~icon21

立役者!金山文造さん^^

ボンボリの付いたかわいい帽子で登場♫

町では護岸整備を急ピッチ進めてます。

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

よく見ると小さな葉っぱも育ってきて

開花が待ち遠しいですねface02

 

 

 

本日のお宿 民宿・六大工

face01以前は海の近くの安渡地区にありましたが津波に流され昨年の2013年4月に再開!

漁師のご主人と爽やかな笑顔の女将さんがお出迎えしてくれました♫建物の中も木を使ったぬくもりを感じる温かい漁師民宿ですicon12

現在のご主人が9代目だけど、5代目の六松さんが船大工をしていた時の屋号で『六大工』になったそうです^^

手作りの紙芝居で震災からの大槌を語ってくれた。

地震…津波…火災…大槌町は津波だけじゃなく大きな被害に見舞われた…。しかしそこから立ち上がる町民の底力は私達に勇気を与えてくれた!

 

日中お世話になった臼沢さんも交流会に来ていただき若者達と熱く大槌について語ってくれたface02
臼沢さん…いつもより素敵の笑顔なのは若い子がいるせいかなicon14(笑)

 

こちらの「ゆめほなみ」は大槌で採れたお米を使っての日本酒で美味い!!

金山さんはいつも以上に?ご機嫌で「浜唄」まで披露してくれました♫こういった地元の人との「飲みニケーション」(古っ)が大切ですね~^^

 

 

陸前高田市・震災モニュメント

陸前高田市の復興のシンボル「奇跡の一本松」。しかし町の現状は正直、「復興」といえるまでにはもっと長い時間が必要なのかもしれない・・・

しかし一本松の周辺には総延長3Kに及ぶ巨大なベルトコンベヤーが建設され山を切り崩しての盛土と高台移転が計画され動き始めている!

 

眩い光が一本松を照らす…

 

元道の駅タピックの敷地に追悼慰霊碑にて黙祷…

「タピック」内は津波の跡が残されている…

 

 

 

✿ 吉田さん花っこ畑  ✿   

さぁ!続いては地元陸前高田をお花で明るく元気にしたい!そんな想いの詰まった花畑の再生の活動をしている吉田正子さんface02

今日の活動は3班に分かれて、草刈り・石集め・菜の花の植え込み。日差しも暖かくなってきたしに向けて活動開始~icon21

 

「みんなが来たから花達も喜んでます♪」

そんな花と会話が出来る正子さんに逆に元気を貰ってます♫face01

菜の花の赤ちゃん♫

優しく植えて逞しく育ってもらいたいね(^^♪

こうした石や瓦礫がまだまだ埋まっているんだよね…
力仕事は任せなさい(^o^)男子ファイト~!

 

 

 

 

 

~ 参加者の声 ~

初参加のときはボランティアに行く、支援に行く、視察に行くというような気持ちが強かったのですが、今回は東北に遊びに行く、会いに行くという気持ちで臨めたと思います。
臼沢さんのお話を聞いてきっとそれで良いんだなと改めて感じました。
支援者、被支援者の垣根を越えて同じ日本人として東北の人や仲間たちと関わっていきたいと思っております。その先に復興があればいいなと思います…。また今回は自分と同世代の人が多く、過去2回とはまた一味違った楽しさや刺激がありました。
4月から社会人になるので次はいつ行けるか見通しが立たないですが、機会があれば参加したいと思います。

 

ありがとうございます。

震災から三年が経ち皆さんはどのようなイメージで東北を見ていますか?「進んでいない」・「可哀想」・「何も出来ずに申し訳ない」そんなネガティブなイメージの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 どんなに大きな画面で観てもどんなに沢山の情報を集めても自分の足で岩手に降り立ち見て・話して・触れて、五感で感じたものは忘れず思い出となるでしょう。そこにはネガティブな状況ではなくみんなが帰ってくるのを楽しみに待っている人達の姿を感じるでしょう。そして今の岩手には人や町や日本全体の問題点の解決方法が生まれ始めているようにも思います!
 岩手に触れて、自分に気付き、素晴らしい発見があると思います。三年目の節目に少しでも多くの方が再びこの地に来ていただける事を望んでおります。

 

 

 

                                                つづく…

 

 

※「2/14発けっぱれ東北毛ガニボランティア」は全国的の大雪で交通がマヒしてしまい断腸の思いでのツアーキャンセルでした。ご参加予定の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しました事お詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

 

 

けっぱれ東北・Xmasボランティア ☆ 夢と希望のサンタクロース♪ 12/20発

菜の花色の帽子のトナカイ

 

icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12  Merry Christmas  icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12icon12

 

 

 

  メリークリスマス!皆さんこんにちはface02

 

icon04今年もやって来ました年に一度のクリスマス♪「今年はサンタさんやってくるかなぁ…」なんて思ってるあなた!サンタはあなた自身ですよicon12

人から何かしてもらうのではなく先ずは誰かの力になったり支えになればいつかサンタさんがあなたの所にも必ずやってきますよ♫
さあ今回は「遠野まごころネット」様とのコラボ企画で震災の記憶が風化しつつある今、このイベントを通して「忘れない!」と言う励ましのメッセージを送る事と、被災地の現状を発信するイベントです!
それでは夢と希望を届けにサンタさんもトナカイさんも出発~\(^o^)/

 

 

 

 サンタが100人やってきたから!(^^)!  ~

  12/21(土)この日集まったサンタ&トナカイ+パンダ1頭は総勢190名!!!大槌町内の仮設商店街や集会所など12カ所を訪れ、プレゼントを配りました。それにしてもこんなに集まると異様ですね…(笑)

 

 

  ~ icon12icon12プレゼント積み込みicon12icon12 ~

お正月・コタツと言えばこれは欠かせませんね~♫

みんなで協力し合いながら荷物運び~icon21でもみんな同じ衣装だから誰が誰だかわからなくなるicon10アハハ

プレゼントを配りにレッツゴ~face02

 

   サンタが大槌にやってきた  

 

 

icon12うわぁ~!?
  サンタさんが来た~\(^o^)/

サンタと一緒にみんなでダンスやブロックで遊びました~♪

子供達の笑顔とぬくもりにサンタちゃん達も大喜びicon12

トナカイさんだよ~^^

えっ!?リスさんじゃないの?(笑)

うわぁ~あ♪おもちゃが沢山ある~icon12

この中にあの大槌の歌姫♫
臼澤みさきちゃんのあ母さんがいますよ
親子揃って可愛いですね~♫

   

 

 

  face02 走れそりよ~ 風のように~icon12 雪の中を~ 軽く早く~ icon04

         笑い声を~ 雪にまけば~icon12 明るいひかりの 花になるよっ 

                 へィ! ジングルベ~ル icon12ジングルベ~ル 鈴が鳴る~face02 

 

                        ~ 夢と希望の明日へ向かって ~

 

                                    2013・12・22 Rikuzentakada    by けっぱれサンタ隊      

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

~ サンタ100人やってきた♪ IN 陸前高田 ~

 

今日はここ陸前高田小学校の体育館にて地元ミュージシャンの演奏や高田第一中学校吹奏楽部の皆さんとのクリスマスイベントでした!(^^)!
昨日にも増して今日は301人のサンタさん&トナカイさんそしてパンダ1頭が陸前高田の仮設住宅や公民館を回り最後はみんなでダンスを踊っちゃいました♪昨年お会いした地元のおばあちゃんや子供達に会えて懐かしさを感じた半面、一日でも早く仮設住宅ではない暮らしの力になりたいと切実に感じました。

face02メリークリスマ~ス♫みんなで楽しみましょう!

もはやサンタカーニバルだなface03icon10

流石にわんぱくちびっ子は元気が良い!(^^)! 

サンタ!トナカイ!!パ、パンダ~!!?

高田第一中学校吹奏楽部の演奏は強さと温かさを感じた♫音楽は自然とワクワクするね(^・^)

陸前高田バージョン
♫「恋するフォーチュンクッキー」を
     踊る300人のサンタさん

 

    

 

 ALL FOR TOHOKU サンタの笑顔がみんなの笑顔に繋がる 

                            (小田和正の「たしかなこと」を口ずさみながら見て下さい…)

      

 

~ 参加者の声 ~

 仮設住宅や一般住宅を回りプレゼントを渡すという内容で、とても楽しみにしていたものの、2年9カ月という時が経過するなか、初めて東北のボランティアに参加することにどこか申し訳なさというものが自分の中にあったなか、そんな不安をよそに、参加者の方々は経験者も多く見習いながらではありましたが、明るさ、元気さ、を仮設住宅に住まわれる被災された方々に届けることができたのではないかと思います。しかしながら、多くの仮設住宅を訪問させていただいたなか、その居住環境というものはすごく劣悪なものであり、あの施設に約3年間すごすということのつらさを自分の肌身をもって知ることができました。
また大槌町、陸前高田の町はさら地でなにもありません。土地の底上げ作業は大規模なものでありなかなか進んでおらず、完全な復興はまだまだ時間がかかるものです。
そんななか、住民の皆さん、子供たちの明るく、生き生きとした笑顔に東京での普段の暮らしをしている大学生の私にとって、どこか考えさせられるものがありました…。
自分たちになにができるのか。それは少しでも現在の被災地の状況を知ってもらうこと。また関心をいだき続けてもらうように発信していくことであると思います。

 

 

 

ありがとうございます。初めはみんな同じような思いで来ていると思います。被災地に行っていいのか?失礼じゃないのか?でも来て見て感じたように私達は皆さんが来て頂けるのをありがたく、そして嬉しく思ってます。正直岩手の人間は奥ゆかしい性格なところがあって話し下手な所もありましたが子供からお年寄りまで人と接する事が楽しいと思えるようになったのは今まで出会ってくれた皆さんのおかげだと思います。しかしいつまでも復興復興っていう旗を掲げてみんなの手助けを待っている「支援する側」と「支援される側」の関係ではなく、今後は子供(被災地)に手を掛け過ぎることなくささやかに成長に携わり、もしもの時はそっと手を差し伸べてくれる「家族」のような関係がいいと思ってます。親も子もお互いを信じあい成長していく…どんなに離れていようがしばらく会えなくても「家族」を思う気持ちは忘れないと思います。今回出会った岩手の人やボランティア仲間、皆さん自身が被災地で学んだ事を話し合えるそんな近くの存在でこれからもありたいと思ってます… icon12                                                   

 

今年も残すところあとわずか…、今年一年どんな一年でしたか?振り返ればいろんな事ありました…学生と真冬のボランティアから始まり、静岡&名古屋講演・一本松復活・公共施設解体・あまちゃん・古民家再生・上海大学・夏祭り・スイカ割り・さんまづくし・伊勢神宮…。こうして沢山の思い出が出来たのも皆さんのおかげです、今年一年本当にありがとうございました。

来年もまた逢いましょう\(^o^)/いつでも帰って来れるそんな「ふるさと岩手」で皆さんの帰りをお待ちしております!

 

それでは皆さん風邪引かないように!来年も良いお年を~

 

 

 

                                  2013・12・29  菜の花帽子の添乗員  今井 仁

                           

 

 

 

 

                                                         

                                                       自称、ジョン・レノン!??

 

 

けっぱれ東北 未来に繋ごう大槌町・希望の菜の花プロジェクトと漁業支援 10/11発

菜の花帽子の添乗員

 

 

face02ようこそ!岩手へ^^お帰りなさい岩手にicon23icon12

 

 秋も深まり紅葉の声があちこちで聞こえてきましたが、今年は台風も多いですね~icon10先日は10年に1度の大きな台風が来て大きな被害を受けた地区も出ましたが皆さんの地区は大丈夫でしたか?被害が起きると行政のせい、はたまた行政が避難勧告をだしても避難所に一人も来なかった(各自の認識で大丈夫と判断したらしい)地区もあったようです。
 今一度防災意識と自分達の住んでる地域や地元の家族や友達との連絡を忘れずにしておきましょうね!困った時だけ助けを求めても日頃の感謝が大切です。「情けは人の為ならず」昔の人はいいことを言ったなぁ^^

icon01それでは今回は「秋」企画第二弾!として大槌町の漁業支援と、菜の花の種蒔きにいってきま~すicon21

 

  

三陸秋の味覚・伊藤商店にて漁業支援! 

三陸の秋の味覚と言えば…「さんま!」ですがあいにく今日はさんまが揚がりませんでしたface03しかし秋の味覚はさんまだけではありません!!
鯖やイナダも秋ならではのお魚ちゃんです。ちなみに「イナダ(岩手ではショッコという)」は出世魚で関東近辺ではワカシ、イナダ、サワラ、ブリ!!になり大きさによって名前が変わります^^ご存知でしたか~??さぁうんちくはさて置きカッパに着替えていざ工場へ!

 

重さ約15Kの冷凍になったイナダ。一日やると腕がもげそう

(ちぎれそう)face03icon10

お魚の大切さが身にしみました~!

外ではパレットの枠組みicon21

 

 

2年7ヶ月経った今も残る爪跡… 

言葉に詰まりました…

海の中にもまだ沢山の瓦礫が残ってました。

自分に何が出来るのかを考えさせられる時間でした…

改めて自然災害の破壊力に唖然としました。

 

 

復活した伊藤商店!!

震災時…

今の工場!

町からの協力を基に新しい工場も2つ建ち少しずつ活性化されて来ました!(^^)!

社長(奥様)のお話しは震災から今までに沢山の方に支えられてここまで来れた胸いっぱいになる感謝の言葉でしたicon12

 

 

 

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

 

 

 

 

~ ✿✿ 大槌町・菜の花プロジェクト!! ✿✿ 

 

←金山さんご無沙汰してました~(^o^)

 震災以降続いておりました、けっぱれ東北・ボランティアライナー恒例・菜の花プロジェクト!今年も種まきの季節がやって参りました。画期的に耕運機も入りスムーズに活動が出来やすくなってました。思えば瓦礫撤去から始まり、何百、何千人もの人が関わったこのプロジェクトも一人の頑固オヤジから始まった…。

 「震災で見るも無残な街を見て、亡くなった町民への鎮魂の思いと希望の想いをこめ、菜の花を咲かせたい」当時海水を被った土地に植物は中々育たないとの意見もあった。しかし諦めない心と応援してくれる全国の人達への恩返しの「花」として毎年幸せの黄色いじゅうたんが大槌川河川敷を埋め尽くす…icon12
 

  そんな想いを感じ参加者みんなで種蒔きしました~face02

 

 

  がんばっぺし大槌!

      背中が語ってるね~(^o^)

 これが!!
「♫燃えるおと~この~赤いトラクタ~ァ~♪」てか

      (すいません昔岩手のCMで流れてました^_^;)

実はこの菜の花の種も全国からご支援頂いたあたたか~い気持ちがこもった種なんです

icon01それでは種蒔き開始\(^o^)/

多すぎず、少なすぎず、指の隙間から少しずつ大地にダイビングゥ~♫

 

 

どんな想いで蒔いてるのかな♫icon14

 あの日から変わらず続けてきた事…

やがて厳しい冬が来ますが春にはきっと今まで携わったボランティアの数だけ希望の菜の花が咲くでしょう…icon12

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

 

 

 

 

 ~ 参加者の声 ~

東北の復興は、ゆっくりゆっくり進んでいます。内陸部は、もうあまり大震災の影響を感じません。だけど、沿岸部の集落が丸ごと津波に飲み込まれたところは、2年7ヶ月経っても草原のようになったままです。沿岸部には、まだ瓦礫の処理場が残っていて、瓦礫の分別・処理作業は続いています。復興が完全に終わるのは、まだまだ、まだまだ、先に思えます。

復興が進んで行く中で、徐々に支援の形も変わって行くだろうし、もっと時間が経てばボランティアツアーというのも今よりももっと減ってゆくだろうし、(でもそういうことが無くなることが復興した証しにもなるのだろうけれど)復興してゆく東北に合わせて、どういったことができるのか、この8、9、10月と参加してきたことが現地の人の気持ちに結びつくのか、復興に繋がってゆくのか、不安な部分もあるけれど、それでも、岩手に、東北に、何度でも足を運びたいです。

今回お手伝いした伊藤商店さんはじめ、地元の産業が早く復活しますように。そして鎮魂と地域復興の菜の花が次の春も河川敷いっぱいに咲きますように。

 

 ありがとうございます。全国各地で起こっている災害…この東日本大震災はまだまだ長い戦いになると思います。いつになったらゴールなのか、オリンピックの予算より先ではないかとか聞けばきりがありませんし結論は分かりません。ただ多くの犠牲になった親戚や仲間を思うと不安で生きている姿を見せてはいられません。悲しさを知らなければ優しくなれないと教えられました。誰も好き好んで悲しみを受け入れたくありません。自分自身たまたま生き残った一人として精一杯生きる事が大切だと思います。限られた人生で自分の意思を誰かに伝える事が出来たならその想いは一生生き続けると信じています!

 皆さんの周りにもきっとそんな大切な人や仲間がいると思いますよ…icon12

 

 

                                     つづく…

  

 

                                                          

                                                      ひょっこりひょうたん島!?

けっぱれ東北! 復興イベントボランティア 秋の味覚・浄土ヶ浜さんまフェスタと大槌古民家再生プロジェクト 9/13発

face02菜の花帽子の添乗員

 

 

 

 

         (^O^)宮古のサンマあがったど~!!
皆さんこんにちはicon01毎年恒例の東京「目黒のさんま祭り」をご存知ですか?毎年7000匹のサンマの無料お振舞い!!実はあのサンマは岩手県宮古市のサンマだったんですよ~!!しか~し(>_<)今年は猛暑の影響で水温が高く岩手では水揚げ出来なくて止むを得なく北海道のサンマが送られました…icon11 その2日後!!待望の宮古で今年初のさんま水揚げが行われました~!!街も活気づき浄土ヶ浜でのさんまフェスタも無事開催されましたicon12

 今回は復興イベントの宮古でのさんまフェスタと大槌町の古民家プロジェクトのボランティア活動になります^^実はこの時、招かれざる大物の客人が岩手に接近していました…そう…超大型台風・18号!!face03 いったいどうなってしますのか~icon10いざ出発進行icon21

 

 

 

 

復興イベント! 浄土ヶ浜 さんまフェスタ開催~\(^o^)/

 

秋の味覚と言えば!マツタケ!栗!!いやいや、さんまでしょ~

三陸の今の旬は銀色に輝く「さんま」今年は浄土ヶ浜で開催!陸中海岸を代表する景色を眺めながら食事が出来るとあって始まる前から長蛇の列で沢山のお客さんが来て頂きました。目玉はなんといっても「さんまづくしセット!」、生さんまと丸干しさんま1本ずつにさんまのお刺身、さんまの甘露煮、さんまのすり身汁、ホタテ、エビ、ウニの炊き込みご飯まで付いて、なっ!なんと!!千円ポッキリ♫関東からのボランティアスタッフもビックリ!!さらに抽選でさんまのつかみ取りにも参加出来ちゃう一度で二度おいしいとはこの事ではないでしょうか。その他にもイベント見白押し~さぁ我々も気合いを入れて各班に分かれてイベントを盛り上げるぞ~icon21オッ~!!

 

各エリア4班構成で対応しました

シーカヤックの体験コーナーもあるよ♪

 

やっぱ炭火で焼くのが最高だよね

たまらないな~face03

 

こちらではマグロの解体ショー!この後マグロブロック争奪クイズ大会も行われました♫

なんと優勝者は小学生でした!!

こちらがセットメニューです♫

盛り沢山で美味しそぅ~face02

さんまのつかみ取り!!

18匹も取った方もいますよface08

 

見て下さい今朝揚がったばかりの
ピチピチした、さんまちゃん♫

 

 

 ~ 宮古の台所・魚菜市場 ~

 魚屋さんや八百屋さん、雑貨からなんでも揃う宮古の台所「魚菜市場」!どの店も活きのいいさんまがズラリ\(^o^)/地元の人と触れ合えるとっても楽しい宮古のパワースポット♫

見たことない魚や野菜に大学生もウキウキウォッチング♫

 

お得なセットから手作り塩辛まで宅配せずにはいられない(*^_^*)
宮古ではお中元やお歳暮にも海産物を送る風習があるんですよ~☆

参加者:
「お兄さん!どれがおススメ?」
お兄さん:
「勿論、脂の乗ったオレかな(笑)

 

 

大槌町・古民家再生プロジェクト!(^^)!

 

大槌町、長井地区の古民家再生プロジェクト(^ー^)/今日は4班に別れて畑の草刈り・トマトの支柱立て・椅子作り・玉ねぎの種付け・花壇作り・外小屋の板剥がしをしました!

見て見て
こんなに大きなきゅうりちゃん

 

ミニトマトも、もうじき収穫出来そうです(*^。^*)
大槌の大自然で育った野菜はツヤツヤして美味しそうです
face02

廃材を利用してこんなにアンティークなイスを作りました♫

 

~ 活動様子 ~

けっぱれ・石灰仕事人!

秋山班長ガンバッicon10

解体屋ではなくみんな全くの素人ですが手際が良いですね~^^
土岩班長の手腕かな♫

どんな笑顔の花が咲くのか楽しみ~

 

手作り花壇も立派に完成

この竹も山から切って支柱にしてます!
ワイルドだろ~(笑)

 

  

 

 

 ! 復興!宮古秋祭り!(^^)

この日、宮古で「復興・秋祭り」が開催されていました♪夕食もそこそこでみんな宮古の夜も楽しんでました~♫宮古の秋祭りは「船山車」と言って船の形をした「だし」(そのままじゃん(笑)が街をねり歩きます。私からすればいつもの光景でしたがけっぱれメンバーは初めてのお祭りにみんなはしゃいでました~face02

 七福神の乗った縁起のいい宝船icon12

えっ!!?ミッキーとキティーのカップル船♡

icon12宮古は太鼓の街としても有名!icon12
  迫力ある鼓動が響き渡る!!

 

 

   ~参加者の声~

震災から2年半。いろいろ変わってる部分と変わってない部分があると思います。まだまだ問題はありますが私も前も向いて一緒に進んでいきたい。たとえ転んだとしても前に倒れたい!そんな想いを感じています。一人じゃないから楽しい事も悔しい事もみんなで前を向いて進んでいこうと思いました。
 

ありがとうございます。こうして少しずつ祭り事も行えるようになりました。笑う事さえ出来なかった震災数カ月…街には人の活気と食の活気も多く見られるようになりました。岩手の秋は海の幸ありの山の幸ありの収穫の秋でもあります。ちなみに私は何より皆様と出会えた事が今年の秋の大収穫でしたicon12face02

 

                                          つづく…                                   

  

                                                      

                                                      きゅうり~夫人♫

けっぱれ東北・夏のボランティアライナー 大槌古民家プロジェクト&陸前高田吉田花っこ畑 8/16発

菜の花添乗員

 

 

 

高校生震災ガイド、小林ことみさん(高校2年生)が語ってくれました…
「メディアに出ている情報が全てではなく大槌一町民として真実の事も知ってもらいたい」

それが今私に出来る役割です。まだガイド歴は浅いが彼女の語りは私達の心に優しく響いた…。

 

 皆さんこんにちはface02ここ大槌は正直震災前「観光」としては大々的に取り組みが盛んだったわけではないです。しかし震災以降、人との繋がりや地域資源を発信したいと言う若者が多くなったと言います。そんな想いを「一般社団法人・おらが大槌夢広場」のスタッフにより少しずつ街が一つの目標に向かい始めた…それが「復興ツーリズム」だ。震災で学んだことそして街の取り組みや資源を少しでも観光に結びつける、そういう想いが若い世代の心も動かし始めている…。
今回は今、話題の大槌町「古民家再生プロジェクト」と陸前高田の吉田花っこ畑に真夏のけっぱれ勇士40名で向かいたいと思います!いざ岩手へ!

 

 

 

 

 

~ 釜石市鵜住居地区防災センター ~

語るものは人だけではない…この建物も多くの惨劇を目の当たりにしてきたと思う…
実際今年中には建て壊しになることが決まっている。皆さんはここで何を感じ何を考えただろう…
計り知れない思いが参加者の心を締め付けた…。

一階には消防所も併設されていた…
ここは防災センターだが避難所ではなかった。しかし言葉の認識が誤解を招き多くの方が避難し、被災に遭ってしまった…

当時ここには200名以上の方が避難してきたと言われている…

上の部分をよく見てください。天井15cmの所まで津波の跡が残ってる。勿論みんな流されてしまった…

 

 

~ 大槌町・古民家再生プロジェクト ~

face02このプロジェクトは、町内にある既存の空き家を、町民と町外からの支援者が共にアイディアと労力を出し合い、改装・改築・開墾・農業を行っていく場所ですicon12

すべてのプロセスを、プロの手をかりずに、ボランティアさんと地元の方々の知恵とアイディアと労力で行います。この手間をかけるからこそ、全ての参加者にとって、この「古民家」が「自分の居場所」へと変化していく事を目指す事業ですicon21

大槌町役場で黙祷を捧げる…

早速プロジェクト開始!!
お父さんその汗がかっこいいicon10

ぶら下がり健康器ではありません^^(笑)

もろこしの苗を植えてます♪

僕達でもやればできる!!

(高校生・大学生)

 

この時期草が伸びるのが早い
でもあっという間にこんなにキレイ

 

 

近くの川から水を汲み畑に水やり…
農家の苦労をしみじみ感じました

 

 

~ 陸前高田市・吉田花っこ畑 ~

 

 

 

face02陸前高田の花咲かかあちゃん事、吉田正子さんは「花の力で陸前高田を元気にしたい!多くの人たちが陸前高田に戻ってきてくれるように、訪れてくれるように」と自宅跡の敷地に希望の庭を作り多くの地元の方やボランティアの方が集える「人の集まるガーデン」を作っております♪
さぁ今日の活動は何かな…??花も人も水分補給を忘れず元気にいきましょう!!

 

 今日の活動内容 

            一班・希望の庭の草取り

            二班・側溝の草取り

            三班・カボチャ取り&付近の草取り

            四班・ビニールハウス周辺の草取り

 

四班さ~ん(^O^)

 腰痛めないようにね

頼もしい次世代の参加者達☆

活動は黙々とやらず

 先ずコミュニケーションが大切

 

 

  face02希望の庭 

 

 ALL FOR TOHOKU! つながる・つづける♪ 東北に笑顔を(^O^) 

 

今回は8月の夏休み・お盆と言う事もあり一般を始め、学生や親子など40名MAXの沢山のご参加を頂きました!本当にありがとうございます(^O^)しかも参加者の4分の一は学校関係者と言う授業が出来る位の多彩な能力者の方が多かったです♪みんな30℃を超す炎天下の中、慣れない草刈りや畑作業をする中、目標を一つにした仲間達のマンパワーの力に本当にビックリしました。大槌での若きリーダー「東梅さん」は自分は震災が無ければ都会に就職していただろうと語った。しかし震災から人間のあるべき姿を知った。そして命の大切なも本当に感じた。こんなにも地元の素晴らしい資源があるなんてもっともっと全国の皆さんを案内し津波だけじゃなく「大槌」の良い所も知ってもらってまた帰って来てもらいたい…。
19歳の少年の想いはきっと参加者の心に伝わったでしょう! 

 岩手にも次世代の若きリーダーが育ちつつありますね☆

              これからも地域復興に皆さんのお力と笑顔お待ちしております(^O^)

                                                

                                                

                                                     つづく…
   
                                                     

                                                   相変わらずな仲間達…☆

けっぱれ東北・グリーン復興プロジェクト&久慈市「海女フェスティバル」 8/2発

菜の花添乗員

 

 

 

icon01icon01icon01暑い!熱い!!あつ~~いっ!(^^)!
黙っていても汗が滝のように流れる今日この頃ですねicon10icon10icon10日本全国連日猛暑日が続いてますが皆さん体調大丈夫ですか?先日は西日本で40℃を超える記録的な暑さになったようですが自分の体温以上と言うのもすごい事ですよね。はたまた大雨被害の地区も出ており本当に気の緩まれない夏です。

 
そんな時はこの写真を見て心を和ませて下さいicon12
なんとも涼しげな夏らしい景色ですね…^^実はこのスイカは今回ツアーに参加出来ない思いをスイカに託し少しでも参加者に頑張ってもらいたいと言う事で浜松町出発の際見送りにまで来て頂き、貰ったとても意味のある「スイカ」です♪ボランティア活動の昼間の休憩ではみんなで「けっぱれ・夏のスイカ割り大会!!」をしてみんなで頂きました(^O^)とっても甘く優しい味でした。人の想いを感じながら食べるのってとっても美味しいですね♫
それでは今回も岩手県の久慈市にズーム・イン!!\(^o^)/

 

 

 

 

  

 

グリーン復興プロジェクト!

 

環境省が推進しているグリーン復興プロジェクト!
震災で被害をうけた沿岸地区の遊歩道の整備と保全のプロジェクトですが先日の(8/4)岩手日報でなんと今年の秋には八戸~久慈間の一部区間が開通する事になりました~face02
地域の新たな観光資源と言うなんとも価値のあるボランティア活動にみんなやる気満々icon21
しかし実際は本当に険しい遊歩道でした…icon10いや~大変だったicon10でもすごくやりがいのある活動でした!

 

さぁ早速草刈り開始~(^o^)/

先頭は草刈り機でバッサッバッサと刈り取る!
その後を草分け・手がり・整地係り!汗が目にしみるぜicon10

こ、腰が…icon10

 

~みんなで力を合わせれば…icon12^^icon12

(左)ここを案内させた時「えッここに道があるの?」って思いましたが草刈りしながら一歩一歩進んでいくとこ…!!!
(右)なんとこんな綺麗な階段の遊歩道があるではありませんかっface08

それにしても活動にも性格があるようで皆さんすごく丁寧でほんとビックリしましたicon12自分の前に道が無くても自分の後ろにはだんだんと道が出来て来ますね(*^^)v

 

 

 

 道の駅・やませ土風館(どふうかん)

岩手県久慈地区のお土産が勢揃い♪といっても今は海女ちゃんグッズが飛ぶように売れてます!!久慈市内はホントに活気に溢れてますよ~\(^o^)/

見て見て!噂のミサンガだよicon12

ゲットしちゃった♪

なんと店員さんまで海女の格好♪
めんこいからいいか(笑)

これが今話題の「海女丼!」
一人じゃ食べきれないよ~
face02

 

 

 

 第24回 北限の海女フェスティバル開催~\(^o^)/

うれしい、楽しい、美味しい、小袖の夏を盛り上げる「海女フェスティバル」は今までにない位の賑わいでした♪なんといってもテレビの効果は本当にすごい事で市民みんなでお祭りを盛り上げてました!餅まきから始まり「ウニ採り名人戦」・「北限の海女・素潜り実演」・「民謡ショー」やウニやほやの海産物格安販売などなど沢山の人で賑わってましたicon01

久慈の名物、まめぶ汁はいかがですか~

^^

餅まきが始まるよ~\(^o^)/

 じぇじぇじぇ♪うに採ったど~(笑)

高校生の海女クラブのみんなも祭りを盛り上げてました♪おやおや…うちの参加者満面の笑みですね~(笑)

けっぱれ・ウニ娘ちゃん♪

ちびっこあまちゃん隊!めんこい♪めんこいface02icon22

こんな大判焼きまで売ってます^^

えっ!まさか「アキちゃん?♡♡」

ホタテやイカのいい匂いがしてきそ~(#^.^#)

     海女の素潜り実演

さぁいよいよ素潜り実演!!今年はまだ海水が冷たいようですicon10

幾分波がありましたが流石はベテラン海女さん、あっという間に両手に3~4個を採ってあがってきました(^O^)
高校生海女ちゃんはまだまだ甘ちゃんかな…♫

ウニ採ったど~face02
右手が「バフンウニ」・左手が「キタムラサキウニ」どっちもうま~い♪

 

 今回も沢山の方が真夏の岩手にボランティアの参加をして頂きました。本当にありがとうございます。前回にもまして今回のグリーンプロジェクトはかなりのハードな活動でした!しかしみんなの気持ちの強さを感じ、そしてなにより「道」が少しずつ出来ていく事が自分達の喜びにも繋がっているようにも思えました。道なき道を切り開く事は本当に過酷で諦めてしましそうになります。一人だと決して目標の林道までは繋がらなかったと思いますがみんなが諦めず「一つの道」が生まれましたね☆全長700キロからすればほんのわずかな距離かもしれませんがその思いは必ず次の参加者に繋がると思います。道があるのが当たり前ではなく、助け合える仲間がいるのが当たり前ではなく、一つの出逢いから多くの新しいものが生まれてきますicon12生まれたもの・改めて気付いたものは皆さん大切にして下さいね^^それが皆さんの一生の宝物になるはずです☆

いつかみんなでここのトレイルコースを一緒に歩きたいですねface02 
            
            そして軽トラに乗ったあの風を忘れないで下さい…^^ また逢いましょう!!

 

 

                                             つづく…

 

 

 

 

                                                       

                                                      お誕生日おめでとう~^^

第70回 けっぱれ東北・グリーン復興プロジェクトとヒメボタル観賞☆「北限の海女」小袖海岸を巡る 7/19発

 菜の花添乗員

 

 

 

 ♫ face02デデッテッテッテッテテレレレ~…♫

 

↑オープニングテーマですよ~♫分かりますか~?^^

と言う事で皆さんこんにちは^^お久しぶりですがいかがお過ごしですか?岩手は梅雨明けがまだでジトジトした天気が続いて「やませ」(海上から発生する霧のようなガス)が入ってくると気温もぐっと下がります。20℃前後の時もあります。皆さんの地方から比べるとかなり過ごしやすい気候ですがやっぱり岩手の夏もガリっと暑くなってもらいたいですね!
ではでは今回は新プロジェクト&ホタル観賞&海女ちゃん&まめぶ汁と盛り沢山な、ボランティア(活動)スタディ(学び)名付けて「ボラスタツアー!」をけっぱれ海女ちゃんと共に張り切って出発進行~\(^o^)/

 

 

 

 

 

    

 ~ グリーン復興プロジェクト in 久慈市侍浜 ~

  

「グリーン復興プロジェクト」とは…

 

3月11日に発生した東日本大震災で、多くの人々の生命や財産が失われ、漁業をはじめとする地域の産業や自然公園等の施設も大きな被害を受けました。自然環境も、特に津波や地盤沈下の影響により大きく変化しています。地域の暮らしを支える自然環境や森・里・川・海のつながりなどの重要性を多くの人に理解してもらうための取組と、自然環境の再生を通して、森・里・川・海のつながりを再生します。

その中で「みちのく潮風トレイル」青森県八戸市蕪島から福島県相馬市松川浦まで約700Kの遊歩道を整備するプロジェクトとして環境庁が推進している事業です。

   

今回けっぱれでは初のプロジェクトとして県内沿岸北部久慈市の侍浜地区の遊歩道整備に取り組みました!

千里の道も一歩からicon10

少しずつ道が開かれていくface01

 

 

       

 

ビフォー

中々腰にくるな~icon10

でもみんないるから頑張れちゃう^^icon21

アフター

 

 

 ~ icon12icon12二戸市 折爪岳ヒメボタル観賞icon12icon12 ~

折爪岳山頂付近は、豊富な湧き水とそれに続く沢沿いにブナやナラの木があり、東北でも有数の「ヒメボタル」の生息地になっています。百万匹ともいわれるヒメボタルが明滅しながら輝く幻想的な光の舞は真夏の山を彩る光のページェントです\(^o^)/

連日天候が悪かったのですがこの日は雨も上がり今シーズンでは一番ホタルが飛び交う幻想的なひと時でした…☆
 

 

icon1219時30分折爪岳に向かって出発進行icon21

icon12説明を聞く参加者はすでにワクワクして子供のようにキラキラしていました(#^.^#)icon12

 

icon12うわ~!!数えきれないほどのホタルに暗闇からみんなの大歓声♪本当に綺麗で素敵な観賞会でしたface05

 

 

**********************************************

 

 

 ~ あまちゃんの舞台 久慈市・小袖海岸 ~

 ウニが獲れたど~(^o^)/

なんと今日はウニの「口開けの日」で漁港はウニの殻むきで活気づいてました♪三陸で獲れるウニは「キタムラサキウニ」といってご覧の通り黒くてトゲのなが~いウニです。甘みはバフンウニより濃厚ですよ~♫しかも流石久慈市の皆さん気前が良くその場で殻をむいて食べさせてくれました~face08えっいいんですか~icon14icon14っていう位ご馳走になっちゃいました♪

いや~日ごろの行いが良いおかげですね^^ご馳走様でした~♫

 

(*ウニの口開けとは、ウニは漁獲制限がされており、天候や波の状況で漁協が決めた日でないと漁が出来ない。ちなみに一人が獲っていい量で決まっているのだ^^)

 

 

**********************************************

 

全部手作業ですよ~icon12

手間がかかってますね^^

じぇじぇじぇ!初体験^^!!
生きてるウニを見てみんな大興奮~♪

新鮮なホタテやイカは炭火焼が一番!
うまッッ\(^o^)/

海女センター周辺は「海女の素潜り」の見学で続々人が集まってきました!(^^)!♪

 

さあ!いよいよ海女さんの実演が始まります♪

出ました~!!海女さんがウニを獲って上がると観客から歓声が湧きたちました~face02

 

**********************************************

 

 

 

 ~ 久慈の思い出… ~

 

 

 

 

 

 

今回初のグリーンプロジェクトと言う事で遊歩道整備の草刈りでした。初め見た時は「ここやるの!?」ってくらい荒れ果ててましたがみんなの団結力と役割分担で非常にスムーズにボランティア活動が進みました!何より役場の方とも一緒に活動できたのは意味があることだったと思います。地域の人と共に街を作っていく事は参加者にとっても岩手に愛着を持ってもらうキッカケになったのかなぁと思いました。一緒に汗を流し、一緒にホタルを見て、三陸の海の幸を食べ、沢山の思い出を持ち帰ってまた新しくなった岩手に来てもらいたいです☆ またいつでも帰っておいで~face02待ってるよ♪

 

                                       つづく…

 

 

                                                        

                                                             愛愛傘!!?

第69回 けっぱれ東北・海女ちゃん舞台久慈小袖海岸と大槌町古民家プロジェクト 5/31発

菜の花帽子の添乗員

 

 

 

 

じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ!!

 

岩手にブームが来ましたよ~(^o^)/今話題と言えば!年金問題?いや、サッカーWカップ?いやいや、アベノミクス!そうまさしくアベノミクスならぬ「アマノミクス!」。ここ岩手の田舎町「久慈市」で起こっております!人口約3万6千人の街に例年だと海女センターには約2千人の観光客だった。しかし今年5月までですでに約2万人に及ぶ観光客が押し寄せました!市内に関しても11万人とぶったまげる位の沢山の方が来ている!

 今回けっぱれツアーはボランティアと観光のコラボツアーでした。おかげ様で大変満足して頂き今後に生かす企画にしたいと思います。それにしてもホントどこの施設行っても歓迎ムードで肌で街の盛り上げを感じてきました^^

 それでは「けっぱれ海女ちゃん(参加者です)」と一緒に出発進行~icon21

 

 

 

 

 

 ~ 久慈市・小袖海岸 (あまちゃんロケ地) ~

 

  久慈市は「北限の海女」と言われ日本の一番北の地区で海女漁が行われいる。今はめっきり減って約20名♪しかしこの小袖海岸が今岩手で最も熱い!!それは朝の連続テレビ小説の舞台になったからです!ヒロイン・能年玲奈さんのめんこさや、共演する豪華な俳優陣のなんともいえない濃さ、何より脚本の宮藤官九郎さんが織り成す笑いあり、感動ありの田舎くさいストーリーが人気の秘訣だ。

しかも「じぇじぇ」と言うビックリした時使う方言は今年の流行語に選ばれるに間違いない!!(あくまでも私の勘です(笑))

この日ちょうど新しい船の進水式があって、地元の方や観光客で港は賑わってましたface02

ここで小泉今日子が…など

見覚えのある場所が沢山♪

なんと!殻付ウニを初めて食べました!

私なんか子供の頃潜って獲ってたな…それって密漁icon10いや生態調査です

 

 

 

 

  ~ B級グルメ 名物・まめぶ汁とまちなか水族館 ~

 

今日の昼食は江戸時代から続く名物・まめぶ汁!2年連続B-1グランプリにも出場♪

まめぶとはくるみと黒砂糖入りのお団子で野菜たっぷりの汁物。田舎の味がするなぁ~face01

被災に遭い今は駅前に建物を改修しての水族館営業。ここにはあの!?さかなクンが多大なる支援をしてくれた物語があった…icon12

 

 

 

 

 

 

立ち寄った道の駅・土風館ではスタッフがわざわざ出て来て大漁旗でお見送りしてくれました。昼食を食べたまめぶ家では「まめぶ甚句」を披露してくれたり本当に久慈の市民の皆様のあたたかさを感じました!

 これを一時のブームで終わらせないよう皆様も一人の「岩手宣伝マン」として各地域に紹介してもらえれば嬉しいですicon12

 

 

 

 

 

 

 

 

  ~ 大槌町・古民家プロジェクト ~

 

 

 

 

けっぱれでは3回目の「古民家再生プロジェクト」。

来るたびに少しずつ形になっていくのを様子を見ているとなんとも愛着と言うか”ふるさと”と言う感覚になっていく…

近くには川が流れ、裏山には山菜やキノコ、わさびだまであるicon12

大槌町内から山手に15分の長井地区、そこにはこれから生まれる新しい「ふるさと」がみんなが来るのを待っている…face01

 

 

 

 

 

 

   ~古民家内にて~

柱の表面を紙やすりで研磨する!なんとも地味で時間がかかる(>_<)

本当に自分達で作っていく感覚をみんなが感じていたicon12

 数回塗るとこんなにも黒光した立派な柱に生まれ変わってきた^^

 

 

 

   

   ~ 野菜の苗作り ~

レタスにピーマン、カブに白ネギ♪

1粒1粒種を植えました(*^。^*)

「移動式の苗畑」作成中icon21

ダメダメicon10小室さん釘が曲がってますよ~(笑)

ここには水道がなく川に行って水を汲むか川に持っていって洗うかどっちかなのです。あっicon10長靴に水が入っちゃったface03icon11

 

 

 

 

 

  

    ~ 周りの風景 

 

     耳を澄ませば…ここには人が作った音は一つもありません…icon12

                   風や川や虫たちの歌♪ 太陽や空までも語りかけてるようなところです…

 

  みんなでお弁当食べたり…

  きれいな花が咲き…

 おばあちゃんと触れ合ったり…

キラキラした川が流れ…

                                

 

                                            そんな時間『とき』が大槌なんです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ~ ダイジェスト・フォトショット ~

 

 

 

 

 

 

   ~ 参加者の声 ~

思い切って参加して本当に良かったです。ボランティアのイメージは黙々と頑張る感じと思ってましたが地元の皆さんがすごく温かくて楽しく自分の存在も認めてくれてるよう気がしてこんなに必要とされてる事を実感しました。ガレキなど片付けるのも重要だけど現地の方と沢山話をしたり現地の物を買ったり食べたり、私でも出来る復興のお手伝いだと思いました。

また佐々木のおばあちゃんや東梅くん、臼沢さんにも会いに行きたいと思います^^!10代 女性

 

ありがとうございます。今の生活の中で何かが変わる事って中々難しいですよね、被災地に来ると悲劇の現状を知るだけではなく、なぜか自分と向き合う事が出来るようになってきます。新しいモノ・便利なもの、むしろないものの方が自分らしさを見つけやすいんだと思います。山里外れたとある民家の佐々木のおばあちゃんに「何か困ってる事はありませんか?」と聞いたら「何も困る事も不便な事はありません」…みんな顔を見合わせた。水は沢水、電気がある位で周りにも家も店もない。不便と思ってるのは私達なだけでここでは自然と共有してるのが当たり前なんだと思いました。一見今の時代と逆行したように見えますが日本本来の生き方を見たような気がしました…

 

              一度来て感じてみませんかicon12 岩手の時間ご案内します…face02

 

 

 

 

                                        つづく…

 

 

 

                                                    

                                                  オラ、海女さなるだ!?