第87回 さよなら けっぱれ東北・ボランティアライナー震災から四年目の春… 3/6発

 

菜の花帽子の添乗員

 

 

 

 

「わっ~きれい~icon12

夜行バスが到着しての第一声の言葉だった。ここは三陸海岸を代表する景勝地・宮古市「浄土ヶ浜」…4年前の事が嘘のようなきれいで穏やかな浜辺でした。
 皆さんおはようございますface02本州最東端の街・宮古市にようこそ!実はここは私のふるさとの街です。今回メモリアルツアーとして今まで携わった街や出会った人達に会いながら震災から4年目を自分自身で感じ又、改めて初心に返る気持ちで巡って来ました。そしてこのけっぱれも今月をもって東京発着は最終になります。今まで全国沢山の方に支えられてここまで来れました本当にありがとうございます。沢山の想いのこもったメモリアルツアー出発進行icon21

 

 

 

 

 ~ おらが大槌夢広場・震災模擬体験クロスロード ~

皆さんは最近大きな「決断」をした事がありますか?そこには自分の意見だけではなく周りの人の意見や感情が必ずあります。今回はそんな震災で起こった出来事を自分に落とし込んで体験プログラムに参加してもらいました。予想以上に参加者同士の真剣さ、また決断するリーダーとしての覚悟を感じ大槌だけじゃなく身の回りでも生かせる意識を教えてもらいました。

 

代表理事の臼沢さん、大変な苦労があったにも関わらず我々が学んだ事を持って帰ってもらいたいと語ってくれました。

各班に分かれて自分が町長や消防団長としての決断を考え発表してもらう!

旧役場で黙祷…多くの方が犠牲になった場所。ここを残すのか壊すのか自分に落とし込むと少しだけ大槌町民に寄り添えた気がした…☆

 

 

 

 

 

✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿

 

 

 ✿ 大槌菜の花プロジェクト ✿

 

震災以降ずっとこのプロジェクトを支えて来てくれてる金山文造さんface02雨の日も、風の日も本当に負けない気持ちでここまで共に築いてくれてます。春の花咲く季節を思い浮かべ今日も笑顔でみんなを受け入れてくれました。今回は初夏に咲かせるように種蒔きもしました。というとGWの季節、夏の時期、初冬の季節と年間通してお花の鑑賞が出来ることになります✿素敵ですね^^それにしてもいつも以上の笑顔だなぁ金山さん!女性が多いからなのかぁ(笑)
 それでは早速活動開始~icon21

 

金山さんの「菜の花プロジェクト・手作り紙芝居」もバージョンアップして木枠で立派になってました(^o^)/

✿種蒔きガールの皆さん✿
想いを種に託しみんなで蒔きました~♬

そんなドヤ顔しなくてもいいじゃない~(笑)

 

 

 

 

 

 ~ 陸前高田市・震災慰霊碑・奇跡の一本松 ~

岩手県内では一番大きな被害があった街…以前の町の面影はなく新しい街に生まれ変わろうとしていた。

「古きを訪ね新しきを知る」、奇跡の一本松は今では

7万本あった高田松原の松林の松の根っこ。樹齢250年を超える大木をもへし折る津波の破壊力を改めて感じる。

 

 

 

 

✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿

 

 

✿ 吉田さんの花っこ畑 ✿

 

ここ吉田さん花畑も近くにコンビニが出来る為規模の縮小化を余儀なくされていた。でもそれは町が少しずつ復興している表れでもある。もちろん全部が無くなる訳ではない。なのでお花の移動や春に向けての準備で今日も手分けをして活動に取り組みましたface02
 実は吉田さん昨年一時体調を崩ししばらくお休みしてました。でも全国からみんなが来てもらうことが楽しみで、帰ってこれる場所を少しずつ少しずつお手入れしてました。こうして待ってる人がいるから私達もまたここに来れる楽しみがあるんですよね
icon12
✿本当にありがとうございます。

 

 

こちらは雑草取り班✿
地道な作業だけどこれが一番大切なんだよね^^

よいしょよいしょicon10

お花も風邪を引かないように土を被せましょ~う✿

手の温もりから伝わる感謝の気持ちを感じました☆

 

 

 

 ☆ ツアーダイジェスト ☆

回地元の高校生ガイドや参加していただいた大学生など若い活力はホント未来の希望だなぁって感じました☆
東洋一(東洋大学です♬)のイケメンや娘を連れての参加もあり次世代へ繋ぐ新たな一歩になればいいですね☆

     
     

 

 

 

 

 

 

 ~ 参加者の声 ~

 これだけ発展している日本で復興のスピードが遅いのではと思っていましたが単に早い事がいい事ではないんだなと思いました。全員が一致する計画はないと思いますがどれだけそれぞれの想いを共有し最善の道を模索していけるかこの震災の経験が素晴らしい人作り・モノ作り・街作りになればいいと思います。又、今までけっぱれのツアーに参加しましたが他にはない人の輪を感じる魅力あるツアーだと思います。その一員になれたか分かりませんがこれからもけっぱれの輪を大切に東北を応援していきたいと思います。

 

ありがとうございます。本当ですね、今回の大槌でのワークショップは我が身において考えると地元で生きている人の今までの道のりを深く考えさせられますね。「震災を忘れない」しかし単に忘れないのではなく「震災で学んだ教訓を忘れない」そう言ったように思いだけではなく学んだ事もきちんと形にして伝えたり残したりしていかなければなりませんね☆

けっぱれ東北の東京発着も残すところあと1回!「つづける・つなげる・ひろがる」。勿論あなたもけっぱれの輪(和)の一員ですよ(^o^)今後は支援する側・される側ではなく同じ目線で共に岩手や日本を作って行きましょ~う!東北の復興なしに日本の発展なし!!

 

                                                        つづく…